光線過敏症に気をつけましょう。

5月になって日に日に日差しが強くなって来るのを感じます。
この時期に気をつけたいのが、光線過敏症

ケトプロフェンが使われている湿布薬は紫外線によって光接触性皮膚炎、別名「光線過敏症」を引き起こします。
この症状はシップやテープを貼っているときだけでなく、はがした後でも薬剤が残っていれば起こる可能性があります。

薄着になっていく時期です。
露出する部位にケトプロフェンを貼るのはできるだけ避けるようにして下さい。
詳しくは薬剤師にお尋ねください。