カテゴリー別アーカイブ: ブログ

ナナチャン人形

IMG_20141019_132711お薬手帳をおもちですか?

お薬手帳は災害時や、自分で服用薬の説明ができない場合(飲んでいる薬がたくさんある、服用のしかたが複雑、救急車で運ばれた場合など)に、病院等で正しい薬の確認をしてもらえるとっても便利なツールです。
みなさんも是非お薬手帳を活用してください。

お薬手帳をより有効に活用するためには、1冊の手帳に現在飲んでいるお薬のシールを順番に貼っていくことをお勧めします。病院・薬局にはお薬手帳を必ず持参してください。

詳しくはお近くの薬局でお尋ね下さい。

光線過敏症に気をつけましょう。

5月になって日に日に日差しが強くなって来るのを感じます。
この時期に気をつけたいのが、光線過敏症

ケトプロフェンが使われている湿布薬は紫外線によって光接触性皮膚炎、別名「光線過敏症」を引き起こします。
この症状はシップやテープを貼っているときだけでなく、はがした後でも薬剤が残っていれば起こる可能性があります。

薄着になっていく時期です。
露出する部位にケトプロフェンを貼るのはできるだけ避けるようにして下さい。
詳しくは薬剤師にお尋ねください。

春の陽気ですね

4月も下旬となり、よい陽気になりましたね。ゴールデンウィークも近づいてきました。日曜日や祝日は休診の病院が多いので、日頃のんでいる薬がある方は、休み中に薬を切らさないように気をつけてくださいね。医療用医薬品は処方箋がないと販売できません。

2年に一度、調剤報酬改定というものがあります。医療保険を使っておこなう薬の調剤の代金を計算するルールが見直しされるというものです。新聞報道などでご存じの方も多いでしょう。今月1日から調剤報酬が改定されました。計算方法の見直しに加えて、薬価(国が定める医療用医薬品の値段)も変わるので、今までと同じ薬を調剤されても多くの場合今月からは支払う金額が変わっているかと思います。薬価が下がる薬の方が圧倒的に多いのですが、一部の薬は薬価が上がっています。ですから、のんでいる薬の内容によって、今までよりも薬代が安くなったり、高くなったりしているかと思います。また薬局の規模や営業形態によって基本料も異なりますので、同じ薬を同じ数だけ調剤してもらっても、A薬局よりB薬局の方が安い、という現象も起きます。いずれにしても、医療保険のルールに則って薬代は決められています。保険調剤に関しては勝手に個々の薬局が金額を決めるということはないはずので、疑問点がありましたら明細をご覧になって不明点をその薬局で聞いてみて下さい。

今日は大雪です!

IMG_20140214_085403 IMG_20140214_085316

先週末も雪でしたが、今日も大変な雪です。
雪化粧した薬局は風情がありますが、交通はマヒしています。
足元が危険なこともあって、あまり薬局を訪れる方は多くありません。
この雪も午後には雨になるそうです。
みなさん、無理して怪我をしないようにしてください。

インフルエンザに注意しましょう!

インフルエンザが流行っています!
インフルエンザを100%予防することは難しいですが、何よりも手洗い・うがいをこまめにしましょう。
また外出時に限らずマスクを着用することもウイルスの増加を防ぐ手段です。
また「かかったかな」、と疑わしいときはできるだけ早く受診するようにしましょう。
インフルエンザの薬はウイルスの繁殖を防ぐものなので、早めに受診して薬を飲めば軽くて済む確率も高くなります。
自分自身の予防だけでなく、周囲にウイルスをばらまかないように気を付けたいですね。

記録的大雪大丈夫だったでしょうか

週末は太平洋側広域で大雪となりました。
名古屋でも土曜日は朝大変でした。
みなさん、怪我や風邪は大丈夫だったでしょうか?

世間ではノロウイルスとインフルエンザが流行っています。
十分に予防をして健康な生活を守ってください。
でも、少しでも怪しいかな、と思った時はためらわずすぐ受診して下さいね。

ソチオリンピック開幕!

いよいよ今日から冬期オリンピックの開幕です。
ちょっと日本的には不思議なんですが、競技自体は今日の午前から始まっています。
でも、開会式は夜。

それはそれとして、日本には頑張ってもらいたいですね。
今回は普段あまり見ない競技も見てみようかな、と思っています。
競技日程とかは日本オリンピック委員会の公式ホームページでチェックできます。

立春になりました。

年が明けてあっという間に、2月になり暦の上では春になりました。
とはいえまだまだ寒さは厳しく、春先のような暖かさが続いたかと思えばまた厳しい冬に逆戻り。
寒暖の差の激しさは体調にも厳しいですね。
本当に空気が暖かくなるのはまだもう少し先のことです。
みなさんも体調には十分に気を付けて、無理をしないようにして下さい。